電脳せどりで稼ぐたくのブログ!

電脳せどりほぼ100%です。1日30分の作業でせどり月商100万、情報発信で月収100万、コンサル生を初月で月収100万稼がせた方法とは?

mailbinlogo

情報発信

メール便廃止の背景とその影響


どもー!

電脳時短せどらー@たくです!



先日、メール便を取り扱っている

ヤマト運輸からメール便廃止という発表を受けて

ネット上は話題持ち切りでしたね。



これは本業でネットショップを運営している

僕としても結構ショッキングな出来事なので、

このことについて詳しくシェアしたいと思います。



長くなりそうなので、インデックスを設けてみました。

 

===========================
1.メール便廃止の背景
2.信書とは?
3.廃止後の影響
===========================

 

 

1.メール便廃止の背景

 

メール便で信書を送るのは罪です。


メール便を利用した方はわかると思うのですが、

コンビニやヤマトの営業所で、メール便を持ち込んだとき、

この荷物は信書ではありませんという表示があって、

それに同意しないと発送されないようになっていますよね。



ヤマト側でもそういった注意喚起をしているのですが、

それでも信書をメール便で送ってしまうことが多発し、

それを警察が指摘し、訴えられるといいった事例が何度かあったようです。



そもそも、信書というのがどういうものなのか、

認識があいまいな方がほとんどであるため、

信書の認識をはっきりさせるより、

廃止するほうがよいと判断したようです。

 

2.信書とは?

 

特定の人に宛て、

通信文を記載した文書。

例としては

納品書、見積書、運転免許証、

住民票の写し、結婚式の招待状などが該当します。

ダイレクトメールのように、

不特定多数に対する通信文書は

信書に該当しないようです。

 

3.廃止後の影響

 

ヤマトから3月に新しく2つのサービスをリリースするようです。

1つめは、60cm未満の商品をよりリーズナブルにして対面でお届けするサービス

2つめは、厚さ2.5cm以内の小さな荷物をポスト投函するサービス

 

1つめの対面お届けサービスは、

衣類、化粧品などで、400円台からの料金になるようです。



2つめのポスト投函お届けサービスは、

CD、DVDなどで、お客さまごとの契約で

料金が変わってくるようです。

メール便の後継という位置づけでしょうか。



いずれにせよ、送料は高くつきそうですね。

ネットショップ側もメール便を使っている店舗は多く、

日本郵便のサービスである、ゆうメールやゆうパケットに
乗り換える店舗もいるようです。



電脳せどらーは仕入がネットなので、

メール便の問題は関わってきそうです。

おそらく、今まで送料無料だったのが、有料になったり、
送料が高くなる店舗もでてくると思います。



ひとまず、3月のヤマトの新サービスの発表に

期待したいところです。

 

 

僕のブログがお役に立った場合は 応援クリックしていただけると喜びます♪

↑ 電脳時短せどらー@たくのブログは今何位?

-情報発信
-